痛みにも良い痛みと悪い痛みがある

★メンタルトレーニング・集中力トレーニング・能力開発のシンパシィ・ユニオン★

【長谷川一彌語録 今日の一言】

「 痛みにも良い痛みと悪い痛みがある」

子どもが精神的に荒れて、家庭や学校等で問題を起こすことがあります。しかし、ほとんどの親や先生は、この現象が悪い方向に向いていると思っているようです。しかし、私が見る限りでは、成長の過渡期としての現象が大半であるように思われます。これを「反抗期」などと、一般的に言われていますが 成長のために通らなければならない関所であることを大人たちはもう一度、再認識しなければなりません。
業績の悪い会社や結果が出ないスポーツチームなども同じです。また、病気なども同じで、痛みを感じるとき、全てが悪いわけではありません。「良くなる方向の痛み」というものがあることを知っておきましょう。また、悪い痛みは長く続きません。時には一瞬だけというのも多いです。しかし、良くなる側の痛みは長く続くことが多いのです!

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
ヒューマンプロデューサー 長谷川一彌
「なぜ 同じだけ努力しても 勉強出来る子どもとそうでない子どもがいるんだろう?」
「なぜ 同じだけ努力しても 運動能力が高い子どもとそうでない子どもがいるんだろう?」
大阪市立都島工業高校の教員時代に生徒達の能力差についてふと疑問に思ったことから、この答えを追い求めて人間の研究をスタートし、多くのチームや選手をトップレベルまで引き上げて、潜在能力開発の第一人者となりました。また、大企業の契約指導や広域団体・協会の長期契約指導をとられているところが潜在能力開発の権威と言われる所以です。
【主な実績】
◯日本テニス協会 客員講師 3年間
◯大阪府バスケットボール協会 客員講師 10年間
◯兵庫県バスケットボール協会 客員講師 17年間
◯のじぎく兵庫国体 スペシャルアドバイザー
◯なみはや大阪国体 アドバイザー
◯京都インターハイ
京都市教育委員会強化指定クラブ指導 8年間
◯松下電器野球部 アドバイザー 5年間
◯オージースポーツ アドバイザー 3年間
【著作】
学研新書
「なぜ若者は優先順位がつけられないのか」
テニスジャーナル誌
連載を含み10年間寄稿

【個人】(敬称略)
井上麗   2014年アジア大会競歩日本代表
岡嵜康悦  第7代修斗世界フェザー級王者
杉本早恵子 第13回世界剣道選手権大会個人優勝
村田由香里 アテネ五輪個人日本代表
高見澤安珠 リオ五輪3000m障害日本代表
中橋治美  リオ五輪柔道日本代表松本薫監督
奥田裕貴  Jリーグガイナーレ鳥取
高田萌生  154km/h右腕:2016年ドラフト巨人5位指名
宮西尚生  2017年WBC日本代表:日本ハムファイターズ
荒木雅博  2000本安打達成:中日ドラゴンズ
畠山泰昌  オートレース250ccヨーロッパ選手権3位入賞
中村通   日本オープンゴルフ選手権:日本タイ記録21アンダー
米村知子  元フェデレーションカップ代表
井上大仁  2017年世界陸上マラソン日本代表など
竹中そら  2016年空手世界大会準優勝
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

人生を豊かにする 長谷川一彌先生語録集 

誰しも人生の選択に悩んだり、自分の道がこれで良いのか考え込んだり、人生に迷った経験があると思います。
そんなとき、あなたの心を救ってくれたのは、暖かい言葉であったり、考え方の指針になる言葉であったりしませんでしたか?
この本には、人生を楽しく豊かに生きるにあたって、物事をどのように捉え、どのように考えていけばよいのかのヒントになりえる、ヒューマンプロデューサー 長谷川一彌先生の語録を解説とともに載せています。
皆様の豊かな人生の創造に少しでもお役に立てれば幸いです。

※下記の画像から商品購入可能です。


全商品ページはこちら