『意志(意思)』が強いって何?

習慣になっていることを行動することは意志ではなく、ただの習慣です。

だから、当たり前のように行動できますね。

どんなハードなトレーニングも習慣になっていれば、当たり前のように行動ができますね。

ただし、誰でも『習慣』というものは持っていますが、それを進化させたり、変化させたりする行動にこそ、『意志』が必要になります。

新しいことにチャレンジして、それを習慣になるまでもっていく。

そこに意志が必要です。

意志がないとまず今までの習慣から抜け出すことができません。

しかし、新たな一歩を踏み出しても、それをコツコツやり続けて習慣になるまでもっていくのに、意志が必要になってくるのです。

意志を育てるには趣味が必要

人間の身体は、DNA(遺伝子)に代表されるように『記憶』でできています。

つまりは、その人の習慣がその人自身を、人生をつくっています。

その習慣を変えるのに、『意志』が必要であるということです。

しかし、新たな試み、新たな記憶を作ろうとするためには、『新たなことを続ける』意志を持ち続けなければなりません。往々にして、三日坊主になってしまったり、ある程度できた段階で人は満足して、元の生活に戻ってしまいます。

あるビジネスプロデュースでのお話

「ビジネスプロデュースでT君に『趣味はなんだ』と尋ねると彼は『映画鑑賞です』と答えたので、彼に説明をしました。

『映画鑑賞は、受動的だろう。成功するための意志を持つには、能動的な趣味を持たないといけないよ』と。

実はあることに受動的に集中するのと、能動的に集中するのは全く違います。

受動的集中は、本当の意味で没頭できません。

映画を見ながら、ふと仕事のことや違うことを考えてしまいます。

例えば、テニス。能動的にボールに集中するので、やっている最中に違うことを考えたら、試合に負けてしまいます。

スポーツなどあることをプレイする、プラモデルなど何かを創作するというのは、没頭しないとできません。

没頭するということは、そこに意志が存在します。

何かを忘れるくらい熱中できる趣味を持てば、そこには工夫が生まれ、意志を持つ習慣が生まれます。

では、能動的な趣味とはいったいどのようなものがあるでしょうか。

例えば、写真撮影や将棋、テレビゲームなんかもそういう趣味になりますね。

大切なのは、そこには没頭する中に全て創意工夫が生まれるかどうかです。

クリックすると拡大します

能動的な趣味ということで『ダーツなんかはどうですか』と先程のT君から質問がありましたが、ダーツは工夫の範囲が少なく、誰かと競争していれば没頭できるかもしれませんが、なかなか一人で没頭できるものではありませんね。

意志とは、欲求。欲が高じて意志まで昇華します。

だから何か自分が熱中できるもの、そしてそこに創意工夫があるもの。

それが意志を強くする習慣になります。

意志の強さは回数に置き換えられる

『意志』ではなく『望み』をはっきりさせ、『強さ』ではなく『回数』で勝負すればいいのです。

つまり、『意志の強さ』ではなく『望みの回数』です。実際には『○○たらいいな。ではどうしたら』と 何度も思うことです

これが努力する習慣の元になります。