選手の集中力を引き出す

「集中しろ!」ミスが出だしたトレーニング・練習時、ここ一番の試合時、指導者だけでなく選手たちからも出る言葉。集中すれば、ミスがなくなり、力が発揮される。そんなことは誰しもが理解しているというのに、どうすれば集中できるのかを知らないや、どれが集中状態なのかがわかっていない選手は少なくありません。一般的に、集中状態とは、脳の司令塔である前頭前野というところからアルファ波という脳波が出ている状態です。その状態を自覚すれば、再現性が生まれてきますから、集中状態を意識的につくりだすことが大切です。

アルファ波(集中状態)の体感

競技レベルが上達する際、また試合で実力が発揮される際、選手は集中状態にあります。

弊社は長年の間、脳波と運動能力の相関関係を研究してきており、どうやったらアルファ波が出るのかも研究してきました。

そして、通常では脳波計という専門の機械を使わないと体感できないアルファ波の感覚を、簡単に体感してもらう手法も編み出してきました。

それは、例えば「集中カード」を用いて残像トレーニングをしたり、テニスボールを2個縦に積んだりすることで簡単に選手たちに感じてもらうことができます。このトレーニングを積むことで、すぐに集中状態に入れる感覚を身につけることができます。

集中力を高めると基礎運動能力が向上する

集中力を高めると、実は基礎運動能力が驚くほど向上します。

というのも、動物が得てして運動能力が高いのは、その集中力の高さにあります。

筋肉の構造上、意識・集中力を対象(動物でいうなら獲物)に向けると、対象に対して最大限のパフォーマンスを発揮するのです。

スポーツでいうと、瞬発力や跳躍力・筋持久力・アジリティ・パワー・バランスなどあらゆる方面で筋出力が変わります。

結果、身のこなしが変わり、運動に対する『センス』が著しく向上し、選手個人の能力が高まるので、結果チームの力が上がるのです。

クリックすると拡大します

チーム指導・研修、講演をお考えのご担当者様へ

プログラム内容のための打合せやスケジュール調整などに時間を要します。実施2~3か月前にご相談をいただければ幸いですが、近日中に実施予定の研修のご相談でも対応致しますので、お気軽にご連絡ください。

受付時間:平日   11:00〜21:00
     日曜祝日 11:00〜18:00
(木曜、第2・4水曜除く)

2営業日以内に弊社担当者より
ご連絡いたします