部活を引退して体調を崩している選手へのアドバイス

Question

運動部に所属していた3年生が、部活を引退して受験を意識するようになって、勉強を頑張るようになってきたのは良いのですが、体調を崩しやすくなってる子が多いように感じます。やはり急に運動量が落ちてることが原因でしょうか。もうしそうだとすればどのようにアドバイスをしてやるのが良いでしょうか。

Anser

それは、運動部の時に体調を崩している延長です。

プロ野球や相撲を引退した人は、引退した後、現役時代のように運動している人はいませんが、みなさん健康ですね。

正しく運動、スポーツをしていたら、引退した後でも運動しなくても崩れることはありません。

3年〜5年経っても、そう簡単に新陳代謝は崩れることはありません。

ましてや、運動部が終わってすぐの受験なので、運動量が減ったから崩れるということではないのです。

原因は正しく運動、スポーツが出来ていなかったことです。

クラブ活動中にすでに崩れていた選手が、受験になって表立ってでてきただけです。

今までは部活で、集中をさせられていた選手が、部活がなくなって意識散漫になると崩れるのです。

部活動中に願望目標をもって、取り組めていたかどうかが問題なのです。

願望目標をもって、きちっと取り組めていた選手は、引退後の受験でも同じように勉強に取り組むことが出来ます。

運動部とは因果関係がありますが、運動量が減ったからという理由ではありませんね。

正しく、運動・スポーツに取り組ませることが大事です。