勝負で相手に流れがいっているときのアドバイスの仕方

Question

勝負で相手に流れがいっているときのアドバイスの仕方はありますか。テニスの場合です。

Anser

実力があるかないかで勝負は決まってきます。

実力が同じようなレベルで相手に流れがいっていると思うのであれば、流れをこっちに戻すと考えるのではありません。

『流れ』というのは、『感情の流れ』なので、こちらが常に前向きで元気でやること。また、的確に戦略上、相手をどう攻めたらいいかがわかっていれば落ち着きます。

試合の結果は見えないですが、未来のイメージが見えるようにしてあげることです。

例えば、

指導者

未来が見えるように、こうしてこうしてイメージしてごらん、こうやってこうやってこうやったら、こうなるやんか。

選手

あ、あの時ミスが多いです。

指導者

だろ?その時戦略上大事だよ。

選手

ほんとうですね。それミスが多いですね。

指導者

よしそれいこう!

このようなイメージができる状態を作ります。

テニスの場合、試合中はアドバイスできないので、普段からそのような訓練をしておかないと知恵はでてきません。

未来をはっきりイメージできて、勝つ確率が高まることがわかると落ち着きます。

パニックになるのは、何をやっても打たれる、すごいボールが返ってくるなど、なにをやっても無理だと思っている時です。

そういうときは自分に集中して、相手をみていません。

常に相手に集中して、どれだけやられていても、チャンスがないかとみている選手は強いです。そんな選手は相手が強くやられていても、流れを相手に持っていかれることはありません。

もう一度いいますが、一番ダメなのは『パニックになる』ことです。

頭が白紙になって、何をすればいいのかわからなくなったら、流れは相手に持っていかれます。

プロ選手でも、どんな強打がきても全部ムーンボールで返すという戦略の選手がいました。

その選手はそれで勝利を勝ち取りましたが、一途にこれをやったらなんとかなるというものを一つもっていたら、流れを相手に持っていかれることなく、落ち着いてプレーができるものです。