どうすれば人を思いやれる行動ができる人間へと成長するのか

Question

高校一年生を担任しています 行動が幼く、手を変え品を変え叱っても改善していく様子がみられません。どうすれば他人を思いやる行動をとれることができる人間へと成長してくれるのでしょうか

Anser

極端にいえば、僕のやり方ですが、相手は立派な人間だと最初から思うことです。

たとえ学習障害の子であっても、人権のある立派な人間だと思って接しています。

最初から、能力がないとレッテルを貼ると、伸びてきません。

ピグマリオン効果ですね。

ピグマリオン効果

ピグマリオン効果(ピグマリオンこうか、英: pygmalion effect)とは、教育心理学における心理的行動の1つで、教師の期待によって学習者の成績が向上することである。別名、教師期待効果(きょうしきたいこうか)、ローゼンタール効果(ローゼンタールこうか)などとも呼ばれている。なお批判者は心理学用語でのバイアスである実験者効果(じっけんしゃこうか)の一種とする。ちなみに、教師が期待しないことによって学習者の成績が下がることはゴーレム効果と呼ばれる。

人間におけるピグマリオン効果

1964年春、教育現場での実験として、サンフランシスコの小学校で、ハーバード式突発性学習能力予測テストと名づけた普通の知能テストを行ない、学級担任には、今後数ヶ月の間に成績が伸びてくる学習者を割り出すための検査であると説明した。しかし、実際のところ検査には何の意味もなく、実験施行者は、検査の結果と関係なく無作為に選ばれた児童の名簿を学級担任に見せて、この名簿に記載されている児童が、今後数ヶ月の間に成績が伸びる子供達だと伝えた。その後、学級担任は、子供達の成績が向上するという期待を込めて、その子供達を見ていたが、確かに成績が向上していった。報告論文の主張では成績が向上した原因としては、学級担任が子供達に対して、期待のこもった眼差しを向けたこと。さらに、子供達も期待されていることを意識するため、成績が向上していったと主張されている。この詳細がまとめられた報告書は、Rosenthal, R. & Jacobson, L.:"Pygmalion in the classroom",Holt, Rinehart & Winston 1968として刊行された。

(ウィキペディア(Wikipedia)より)

その子をいい子と思っているかいないかが大きな違いになります。

いい子と思っているアプローチと、なにか問題があると思っているアプローチでは全く変わってきます。

それが、人間です。

教師だけでなく、普段の生活でも見受けられますね。

返報性の原理のように働いてきます。

自分が出した分、それが見返ってきます。

返報性の原理

人は他人から何らかの施しを受けた場合に、お返しをしなければならないという感情を抱くが、こうした心理をいう。

(ウィキペディア(Wikipedia)より)

思い通りにいかないと思ったら、思い通りにいかないアプローチをしています。落ち着いて考えたら、それがわかると思います。

結局は指導者自身の問題ですね。