No.36

損得で仕事をするな!

伸びない人間は、打算的でいつも損得を考えています。そして、損得勘定の思考を持つ人間は、必ず手抜きが生まれるのです。例えば、同僚など他人と比較して損得を考えている人間は、上司や監督者みていないところでは手抜きをしがちです。
そんな人間に、真の豊かさが訪れると思うでしょうか。もしある程度成功しても、心の打ちにはいつまでも罪の意識や、妬み、ひがみが生まれることでしょう。
逆に伸びる人間は、「なにが正しいのか」や「なにが本質なのか」を考えています。例えば、お客様にとってそれが一番良い提案であるのかなど、相手のためを思って今いるポジションでできる最大限の努力を惜しみなくするでしょう。正しく本質の思考を持つものは、常に全力で物事に立ち向かえるのです。

こちらの語録、全266個入った語録集