こんなお悩みありませんか?

  • せっかく採用した新人や若手が育たず、3年ほどですぐに辞めてしまう
  • 研修を行っても、現場で使えるレベルまで身につくのが遅い
  • 当たり前のビジネススキル・マナーを覚えるだけになっている新入社員研修の内容に疑問がある
  • 現場での育成の仕方がわからない
  • これまでのやり方を変える必要があるが、最近の新人・若手にどう関わればよいかがわからない
  • 「褒めるのがよい」「厳しくすべきだ」など、さまざまな意見があって何が本当によいのかわからない

 研修内容が活きるか死ぬかが決まるのは、受講者の「組み込み力」次第。その違いは、その人の概念(物事の理解度)によります。この概念をつくっているのが、大脳の脳神経細胞ネットワークです。幼児がある日突然、時計がよめるようになるのは、このネットワークが広がるためです。我々には、研修・指示した内容が理解できる脳や身体の生理状態をつくるプログラムがあります。

学習の能力「組み込み力」とは

 人間の大脳新皮質は140億個の神経細胞があり、その神経細胞をつなぐ箇所(シナプス)は500兆個もあると言います。この繋がりが多ければ多いほど、賢い頭を持つと言われており、天才科学者・アインシュタインは、そのうちの14%が繋がっていることが現代医学の脳解析でわかっています。また、死刑囚などは3~4%。一般人で7~8%と言われています。アインシュタインでも14%しか繋がっていないことから、これが人間の能力が無限大と言われている所以です。

 物事を学ぶ時に、この脳神経細胞がネットワークできるような状態であると、物事の概念が理解るようになります。そうすると、学んだことを実生活に「組み込む」ことができ、活用することができます。しかし、脳神経細胞がネットワークできない状態であると、細やかなニュアンスなどが掴みきれずに、四角四面に物事を捉えてしまったり、学んだことから応用が利かなくなってしまいます。

大脳の神経細胞をネットワークさせる条件を埋める

 では、どうしたらこの脳神経細胞がネットワークするかというと、それには生理的な条件があります。例えば、脳内ホルモンが幸せをつくり出す「ドーパミン」が沢山放出されていることや、脳波がアルファ波であること、体感するなど五感で物事を捉えることなどです。

クリックすると拡大します

 特に人間は、ホルモンで体内組織を活動させているので、健康な心と身体を保つにはホルモンバランスがとても重要です。しかし、精神的・肉体的なストレスがこのホルモンバランスを乱してしまうと、脳神経細胞ネットワークがうまく繋がらなくなります。例えば、「アドレナリン」ホルモンが放出されていると、不安な気持ちを抱くようになります。すると、会議で指示されたことを忘れてしまうなど凡ミスが多くなるだけでなく、物事の理解度が低下するなど、脳が機能しなくなってきます。

 我々のプログラムは、生理状態を整えて心身が健康な状態になることで、脳神経細胞が繋がりやすい、「組み込み力」が高い状態をつくり出します。そのうえで必要な研修を受けて頂くことにより、研修内容の理解度を高め、社員の最大パフォーマンスを引き出します。

 書き出したものが業務時間内に終わらせることができない」。職場でよくある話ですが、人間は集中(アルファ波が出現している)状態になると、脳の処理能力やタスク処理スピードが一気に高まります。「切り替える力」などちょっとしたコツを掴めば、誰しもが簡単に集中状態に近づくことができます。「やることが多いからだ!」と結論付けてしまわずに、まずは集中できる知恵やコツを掴むことが大切です。

ミスはどうして起こるのか

 集中状態とは、「心の中」と「現実」がイコールであることを指します。例えば、お腹が減っていて(心の中)、目の前に大好きなステーキがあれば(現実)、きっとその人は食べることに集中できるでしょう。しかし、仕事でミスをしたなど何か悩み事があると(心の中)、目の前に大好きなステーキがあっても(現実)、その人はきっと食べながら悩み事の方に気が取られて食事に集中できないでしょう。あなたもそんな経験はありませんか?

 実はミスが起きる場合、これと全く同じ状態で起こることがほとんどです。商談中に、自分が言わないといけないことに集中していて、相手の話が耳に入っていないとか、作業中に違うことが気になっていて、作業ミスをしてしまったり、作業スピードが遅くなってしまったりなどです。

ミスをなくすためには

 こういった集中力の欠如から生まれるミスを減らすには、目の前の物事だけに集中する感覚(プログラム)を持つことです。アスリートは、試合やトレーニング中に一切の雑念が消えています。また、自分の集中の邪魔になる雑音を持ちこまない術を心得ています。試合の勝ち負けには、技術の高さや体力のあるなしが確かに要因のひとつになりますが、最終的には高い集中状態をいかに持続できるかがポイントとなります。

 マルチタスクが求められる企業戦士ですが、いかにそれをシングルタスクにして、速く正確に進捗させるかができる仕事人の感覚です。研修では、山のように積まれているToDoリストをシングルタスクにする知恵を使うと共に、集中する感覚をトレーニングすることで、その感覚をプログラミングさせていきます。また、ご要望がある場合、脳波を測定することで、集中力のパターン分析を行い、そこから個別プログラムを作成します。

指導事例

運送会社「新人研修を効率化させるための研修」

STEP1 情報の受け止め方を知る

人間の脳はすぐにイリュージョン(錯覚)がかかり、良い側にも悪い側にも概念(イメージ)を創り出すことや、人間は自分の興味があるものだけを認識することを動画や写真を見ながら体感します。そこから、同じ情報を学んでも、自分の持つ先入観や興味が、取る情報の質を左右することを学びとります。解説。

STEP2 社会人の価値観を身につける

入社した瞬間から、学生の価値観とは180度違う世界に染まらなければ、仕事は務まりません。多くの新入社員が経験しているバイトと社員の違いと、会社組織の目的「仕事とは利益を出すもの」であることの理解を深めます。研修の目的を明確にして、学生自体の勉強と全く違うことを理解します。

STEP3 社会人のコミュニケーション、歳の離れた上司とのコミュニケーションを学ぶ

大きな概念を持つには、普段触れることのない大きな概念と触れ合うことです。理想は、超大手の社長やその筋の一流(文化人や学識者など)と会うや議論することです。それが難しかったため、今まで触れたことのないような宇宙や生命の歴史、大脳や身体のメカニズムなど壮大な概念新入社員はわからないことだらけです。わからないことを質問する際に、忙しいすぐ質問するのではなく、どうすれば理解力が高まるのかを知り、自分で調べることや考えて質問する学習をする。発信するや意見を言う前に、受信するや相手の話に集中することを覚えます。

STEP4 集中力を高める

能力を引き出す条件である集中力についての解説と、集中することで脳の回転が速くなることを、簡単な計算問題を使って体感。触れたことや経験したもの全てが概念として組み込まれるように集中力を高める訓練、トレーニングを行います。これは日常的に行うことで、業務中でもトップアスリートが持つような「集中の感覚」を手に入れることができます。

研修テーマ

  • 「研修前のメンタルコントロール(マインドフルネス)」
  • 「学習能力を向上させる知恵・コツ」
  • 「能力を伸ばすメンタルヘルストレーニング」
  • 「心を安定させるメンタルトレーニング」
  • 「応用力を高めるメンタルトレーニング」
  • 「緊張解消!落ち着きを取り戻すメンタルトレーニング」 
  • 「超効率化!ミスを減らす脳の使い方」
  • 「チームの価値観とタスクを共有化するための知恵・コツ」
  • 「脳力向上!集中力トレーニング」
  • 「悩み事・雑念が多い時の対処法」
  • 「プライオリティ・マネジメント・テクニック」 など

研修をお考えのご担当者様へ

プログラム内容のための打合せやスケジュール調整などに時間を要します。実施2~3か月前にご相談をいただければ幸いですが、近日中に実施予定の研修のご相談でも対応致しますので、お気軽にご連絡ください。

受付時間:平日   11:00〜21:00
     日曜祝日 11:00〜18:00
(木曜、第2・4水曜除く)

2営業日以内に弊社担当者より
ご連絡いたします