こんなお悩みありませんか?

  • 職場にLGBTQの知識がない人間が多く、いざという時の対応ができない
  • 管理職がLGBTQに対して、一般的な知識だけしか持ち合わせれず、具体的な対応策がわからない
  • 言葉がけなど、なにが差別でいけないことであり、なにがそうではないのかを知らずに対応している

多くの「当たり前」は「当たり前でない」

大阪市で行われた調査ではLGBTが3.3%、決めたくない・決めていない等の回答を合わせると8.2%、電通ダイバーシティ・ラボの2018年の調べでは約8.9%、LGBT総合研究所「LGBT意識行動調査2019」では約10.0%と、LGBTQは、 10人に1人はそうであることがわかっています。

近年まで「LGBTQ」という言葉が一般的ではなかったため、顕在化していなかったことが、多様性が認められる社会にシフトチェンジした結果、当たり間の存在になりつつあります。

しかし、今までLGBTQに出会ったこともない人が多数を占める組織では、どう扱っていいのかわからず困惑している方も多く存在していることでしょう。

◆LGBTQとは

LGBTQとは、Lesbian(レズビアン、女性同性愛者)、Gay(ゲイ、男性同性愛者)、Bisexual(バイセクシュアル、両性愛者)、Transgender(トランスジェンダー、性自認が出生時に割り当てられた性別とは異なる人)、QueerやQuestioning(クイアやクエスチョニング)の頭文字をとった言葉で、性的マイノリティ(性的少数者)を表す総称のひとつとしても使われることがあります。

Qを表す

「クイア」は、もともと「不思議な」「風変わりな」「奇妙な」などを表す言葉で、同性愛者への侮蔑語でしたが、現代では、規範的な性のあり方以外を包括する言葉としても使われています。

「クエスチョニング」は、自らの性のあり方について、特定の枠に属さない人、わからない人等を表す言葉です。

日本におけるLGBTQの割合は、調査機関・調査方法によってデータにバラつきがありますが、現在では約3%〜10%と言われています。

◆自然な存在であるという認識から

例えば同性愛について、意外に知られていないことがあります。

それは、生命の多くは同性愛をしているのです。例えば動物界にはオス同士、メス同士の性的行動があふれています。

交尾に限られない、同性愛的行動が1500に近い動物種で観察されているのです。

ミバエにバンドウイルカ、ニホンザル、ボノボ、ゾウ、ライオンなど、多数の具体例があります。また、昆虫の世界でも同様です。

我々のDNAは、細菌などを含む地球上の全生命と同じ遺伝子を保有していることからも、実は自然であることがみてとれます。

自分の生きてきた世界だけで判断するのは間違いを犯してしまうので、LGBTQに限らず、自分の「当たり前」外の世界にある「当たり前」を学び、心のキャパシティを広げていく必要があるのです。

指導内容

STEP1 情報の受け止め方を知る

人間の脳はすぐにイリュージョン(錯覚)がかかり、良い側にも悪い側にも概念(イメージ)を創り出すことや、人間は自分の興味があるものだけを認識することを動画や写真を見ながら体感。そこから、同じ情報を学んでも、自分の持つ先入観や興味が、取る情報の質を左右することを学びます。LGBTQの問題は、先入観が起こすことに気づくことができます。。

STEP2 LGBTQ基礎知識

そもそもLGBTQとはなんなのか、日本におけるLGBTQの割合や性のあり方などの基礎知識を学習します。例えば性のあり方は、単純に「男性/女性」だけではなく、分解して考えてみるといくつかの要素に分けて考えることができます。

例えば、「法律上の性別」、「性自認」、「性的指向」、「性表現」の4つのカテゴリです。このようにカテゴライズして考えれば、LGBTQへの理解がしやすくなります。

STEP3 体験談

実際に女性から男性に性転換した当社トレーナーの体験談を聞きます。

幼少期から大学生まで。

そして大手製薬会社に勤めてカミングアウトするまで。

その後行った性転換の実際と結婚までと、3つのピリオドに分けて聞きます。

その中から、彼の人生の決断や親や友人、同僚、上司がどんな支援をしたのかなど、どんな付き合い方がポジティブでどんな付き合い方がネガティブなのかを知ることができます。

STEP4 質疑応答

現場で必要なのは、「生の状況」と「生の声」です。

現場に立つ人が、直面している問題や疑問に思っていることを体験談を話したトレーナーに直接質問して、回答をもらいます。

そうすることで、より深く考え、深く理解出来るようになると期待しています。

研修をお考えのご担当者様へ

プログラム内容のための打合せやスケジュール調整などに時間を要します。実施2~3か月前にご相談をいただければ幸いですが、近日中に実施予定の研修のご相談でも対応致しますので、お気軽にご連絡ください。

受付時間:平日   11:00〜21:00
     日曜祝日 11:00〜18:00
(木曜、第2・4水曜除く)

2営業日以内に弊社担当者より
ご連絡いたします