1, 脳波とは

脳波とは、神経ネットワークの電気活動を記録したものです。

脳には一千個を超えるニューロン(神経細胞)があり、巨大なネットワークを形成し、感覚器官から送られてきた情報を伝達処理し、また、身体をコントロールするための情報を送り出しています。

クリックすると拡大します

このとき、ニューロンでは電気信号が流れ、ニューロン同士を繋ぐシナプス(中継機能)では、送り手側のニューロンから神経伝達部室が放出され、それを受け手側のニューロンが受容しています。

この神経伝達物質の量によって伝達情報が増幅または抑制され、神経伝達物質の種類によって情報が修飾されます。

脳細胞の活動と相関して、その周りには電波が発生しています。しかし、一個の脳細胞にかかわる電波はとても小さく、それを頭皮面から検出することは容易ではありません。ところが、一定数以上の脳細胞が同調して活動すると、微かな電波を検出することができます。その同調周波数から、脳の活動状況をおおまかにうかがい知ることができます。

2, 脳波を測る意味

脳波のパターン=脳の活動状況というのは、ある種の条件反射記憶のようなもので、条件反射記憶を変えれば脳波のパターンを変えることができます。

そのためにも、現状を測定によって認識する必要があります。

人は環境やストレスに大きく左右されています。

つまり脳波が安定しないということです。

バイオフィードバック装置(脳波計)は日常生活の中で環境やストレスに左右されず、自分自身を常にリラクゼーション状態に導くということは、すなわち脳波をアルファ状態に安定させるということです。

アルファ波とは人の脳波の一種です。他にもベータ波、シータ波、デルタ波等があります。

バイオフィードバックとして脳波計を使うことが難しい場合も、アルファ波トレーニングを日常的に続けていると、脳波のパターンは変わってきます。

3,測定方法

脳は、その部位によって動きが異なります。

例えば、単にアルファ波が出ていると言っても、どの部位から出ているのかでその意味は違ってきます。

ですから、研究の成果を共有するために、国際脳波学会において「10-20法(テントゥエンティ-ホウ)」と呼ばれるルールによってセンサーの配置が定められています。

この方法に則って多数のセンサーを配置して測定することが理想なのですが、測定が煩雑となり被験者にストレスを与えてしまいます。

本研究では、「10-20法」によって定められている配置ポイントの中から、観察する上で最も重要な部位の一つである前頭葉前額部(Fp1 若しくは Fp2)に絞って測定しています。また、増幅(検出)方法は「耳朶を基準とした単極誘導法」を採用しています。

これらは、達人達の脳波を研究する上で最もコストパフォマンスに優れ、測定も手軽に行える方法です。特に注釈がない限り、この方法で測定しています。

4,脳波の種類

脳波の種類周波数緊張度集中度

ベータ波
(β波)

17Hz~26Hz緊張分散

❏ 優勢時の意識状態
外部刺激に意識が向き、具体的な思考をしている積極的意識状態の時に出現する。目を閉じていてもβ波が出現するときは、悩みごとがあったり集中して何かを思考している場合である。意識中の緊張状態

ファーストアルファ波
(α3波)

12Hz~13Hzややリラックス緊張集中

❏ 優勢時の意識状態
緊張を伴いながらも、物事に集中している状態

ミッドアルファ波
(α2波)

9Hz~11Hzリラックス 
意識集中

❏ 優勢時の意識状態
心身ともにリラックスしていて、集中力が非常に高い状態。目を閉じ意識のある状態で思考を停止している時に出現する脳波

スローアルファ波
(α1波)

7Hz~8Hzリラックスイメージ集中

❏ 優勢時の意識状態
心身が非常にリラックスしている状態

シータ波
θ波)

4Hz~6Hzリラックスうとうと

❏ 優勢時の意識状態
意識がはっきりしている場合は瞑想状態、その他はまどろみや眠気を感じている状態

筋肉緊張電位
(EMG)

100Hz~300Hz

❏ 優勢時の意識状態
顔面の筋肉活動。顔面に力が入っている場合、レベルが高くなる

アーチファクト
(ART)

❏ 優勢時の意識状態
眼球の動きや瞬きをしたり、筋肉緊張時に発生するノイズ。酸化していたり電気が溜まっていると出やすい。この場合、測定はストップする

5,スポーツチーム 脳波測定評価表

これまで、1000人以上の選手達の脳波測定及び大会等の戦績結果により割り出した評価表です。

段階戦績電圧優勢率
A全国トップクラス18μv以上95%以上
B全国レベル16μv以上90%以上
C県トップクラス14μv以上80%以上
D12μv以上70%以上
E県中堅クラス10μv以上60%以上
F10μv以上50%以上
G地区大会クラス10μv未満50%未満

脳波は高いけれど、実力が伴わない、または脳波はそれほどでもないけれど実力があるんだよな・・・スポーツは心・体・技とそれをつなぐ本質的能力の相関によって表現が変わってきます。

脳波は、本質的能力そのものですので、本質的能力に問題がない場合、他の要因が考えられます。簡単に脳波との関係を下にまとめておきます。

脳波との関係

  • 知性・体力・基本技術が高ければ、α波を上げることで実力が発揮されてくる
  • 知性・体力・基本技術が低ければ、α波が高ければ上達が速い
  • 知性・体力・基本技術が低く、脳波が低ければなかなか上達しない
  • ポジティブであり、基本的な知性や体力、基本技術が一定水準を満たしている場合はα波レベルを上げることで結果が出る
  • テクニカルトレーニングでもフィジカルトレーニング、メンタルトレーニング(知性、競技の本質は?守りの本質は?基本的な考え方などのようなこと)時全てにおいて、α波でトレーニングしていると上達が早い

6,あなたの脳はこんなタイプ!

Aランク(α2波の優勢率が95%以上、平均電圧18μv以上)のあなた。

超一流の集中力です。スポーツ・学習・仕事など、何事にも願望目標に向かって真っ直ぐ突き進みましょう。日常の生活環境や生活習慣によってつくられた素晴らしい脳力です。

もし、結果が伴っていないとすれば、集中する対象(意識の焦点)を見直してみると良いでしょう。ターゲット指差し法を使って、イメージのギャップ(ズレ)をチェックしてみては?

おすすめトレーニング

  • ターゲット指差し法
Bランク(α2波の優勢率が90%以上、平均電圧16μv以上)のあなた

一流の集中力です。育った環境が良かったために、素晴らし脳力が備わっています。何事も割とスンナリと身につけていくタイプです。しかしながら、飽きっぽいところがあるかもしれません。また爪が甘くなることがあるのでは?意識の焦点を逸らさないように、目標に向かいましょう。

そんなあなたには、一点凝視法や遠近・近遠法で集中のさらなる研ぎ澄ましをすることをオススメします。

おすすめトレーニング

  • 一点凝視法
  • 遠近・近遠法
C・Dランク(α2波の優勢率が70~89.9%、平均電圧12~15.9μv)のあなた

高い集中力の持ち主です。とても優れた力を発揮する反面、うまくいかない時は「あれ?」と思うほど差が激しいかもしれません。常に安定して実力を発揮知るためには、その競技や物事のメカニズムを知り、理解することが必要です。

スポーツを通じて正しい考え方を学びましょう。また、見るという視覚的な集中だけでなく、他の感覚器官(聴覚や触覚など)を刺激することでも集中力は研ぎ澄まされます。コイン立て法や音源集中法はとても有効なトレーニングです。

おすすめトレーニング

  • コイン立て法
  • 音源集中法
優勢率が60%未満のあなた

あなたの頭の中で考えていることが、無意識にコロコロ変わってしまうタイプ。例えば、授業中なのにクラブのことや家の事、友達のことなどを勝手に考えてしまっていることはないですか?

このように意識が逸れやすい状態です。そんなあなたが安定した力を発揮し、能力を伸ばしていくためには、こまめに集中力トレーニングをすることが必要です。メニューの変わり目に集中カード法やボール積み法、またはワンプレーごとに一点凝視法などを使って、集中してから物事に向かう習慣をつけましょう。

おすすめトレーニング

  • 集中カード法
  • ボール積み法
  • 一点凝視法
θ波やα1波が優勢のあなた

脳がリラックス状態にあり、イメージの湧きやすいアーティストタイプで、アイディアやひらめきが浮かぶことが多いでしょう。

その反面、自分もイメージの世界に入り込み、人の話を聞き逃したり、頭ではうまくいったと思っても、実際にはミスをしている。なんてことがよくあるかもしれません。そんなあなたには、対象へ集中力を高めるために一点集中キャッチボール法がオススメです。

おすすめトレーニング

  • 一点集中キャッチボール法
α3やβ波が優勢のあなた

頭の中で考えながら、行動するタイプです。靴を履くとき、「靴を履いて・・・」と思ったりしていませんか?

このような人は何かアクションを起こす時、そのことを意識しすぎるために緊張が伴います。「集中すると疲れます」という人もこの傾向にあります。

普段から緊張をほぐし、頭の中を空っぽにする習慣をつけましょう。ストレッチ呼吸法やハミング法がオススメ。

おすすめトレーニング

  • ストレッチ呼吸法
  • ハミング法
平均電圧が10μv未満のあなた

「何かをしても反応が遅れる」
「やる気や元気が出ない」
「集中力が散漫」
「なんだかぼーっとすることが多い」

などになりがちな状態です。まず、心と身体の疲労解消が最優先です。精神的肉体的疲労の蓄積により、脳の身体の機能が働かない、休憩したい状態になっています。ミネラル・ビタミンの栄養補給やマッサージ、スポーツカウンセリングなどで心身に蓄積した疲労を解消させましょう。

シンパシィ・ユニオンまでお問合せください

※文中にある各トレーニング法は、シンパシィ・ユニオンの集中力トレーニング法アラカルトを参照してください。

より詳細な状態をチェックと個人アドバイスをご希望される方へ

シンパシィ・ユニオン オリジナル メンタルチェック

【内容】

  • 脳波測定
  • EMG(筋肉緊張電位)測定
  • メンタルインタビュー
  • マインドテスト
  • スパイラルチェック(身体のエネルギーの流れを測定)

【時間】30分程度

【費用】5,000円