カルシウムで 骨粗鬆症(こつそしょうしょう)予防

「骨粗鬆症(こつそしょうしょう)予防法」

骨粗鬆症というのは、【破骨細胞】と【骨芽細胞】の働き方のバランスが、【破骨細胞】に偏って起こり、骨が脆くなる状態です。(下図)もちろん、骨が脆くなれば、骨折しやすくなり、一度骨折すると介護をしてもらわないと今までの生活を送ることが困難になってしまうのです。

骨粗しょう症の骨 内部がスカスカでもろい

 

 

 

 

 

 

 

 

骨粗鬆症において重要なポイントは、【破骨細胞】は勝手に働くが、【骨芽細胞】は刺激がないと働かないということです。このことはNASAで研究されてわかったそうです。皆さんも見たことがありませんか、宇宙空間に滞在していた宇宙飛行士が地上に戻ってきたスペースシャトルから肩をかつがれて出てきているのを。宇宙に行くと、つまり無重力空間の中で過ごすと、筋肉を使わないから筋力が弱くなるのは周知のとおりですが、筋肉と一緒に骨が弱くなることもわかったそうです。地上で生活をしていると、特に歩行などで踵から地面からの振動が骨に伝わります。これが、【骨芽細胞】が働くスイッチになるのですが、宇宙空間にいると歩行することがないために、骨に振動が伝わらず【破骨細胞】のみが働くということになるため、骨は溶ける一方で、造る側の働きが薄くなってしまうのです。

 さて、これとよく似た現象が我々の生活にもあります。老人になってからの病気やケガでしばらくの間ベッドや車いすでの生活をしてしまい、それに慣れてしまうと、立ち上がって生活するのが難しくなるのです。歳をとればとるほど新陳代謝は落ちます。意識している方は大丈夫でしょうが、たいていの方は代謝の基本になる運動量もグッと減ります。当然、【骨芽細胞】の働きも悪くなりがちです。そんなところに寝込むことにでもなると、【破骨細胞】のみが働いてしまい、骨に巣ができる骨粗鬆症になってしまうのです。

では、どうすれば良いのか。もちろん、骨の材料であるカルシウムを摂取することは必須です。しかし、【骨芽細胞】を刺激するために、身長を伸ばしたい子ども達のようにジャンプをしなさいというのは少し酷でしょう。先ほども述べた通り、重力をフルに活用するにはジャンプかもしれませんが、日常生活の中で、買い物など車を乗るところを歩いていくだけで充分【骨芽細胞】には刺激がいきます。ですから、多くのお医者さんは、散歩やウォーキングなどを薦めるのです。

 ちなみに、当社には西洋医学・東洋医学の先生方も学びに来てくれています。そのなかで東洋医学の先生に以上の理屈や治し方を指導したところ、骨折がたったの3日で完治したり、80代の骨粗鬆症が1か月もかからないうちに正常に戻るなど驚くほどの成果を挙げています。もちろんその陰には、世界一の水溶性を持つ田畑さんのカルシウムが大きく貢献してくれています。ですから、みなさんも、ぜひカルシウム摂取と運動を継続してみてください。

コメントを残す

*