ご案内

能力開発・メンタルトレーニング・集中力トレーニング

SYMPATHY UNION SINCE 1987

株式会社シンパシィ・ユニオンは、創設者である長谷川一彌が、大阪市立都島工業高校の教員時代に、わずか15年ほどしか生きていない生徒達の能力格差について素朴な疑問を感じたところからはじまりました。

なぜ 同じだけ努力しても 勉強できる子どもとそうでない子どもがいるんだろう?
なぜ 同じだけ努力しても 運動能力が高い子どもとそうでない子どもがいるんだろう?

この答えを追い求めて、教員時代に自律訓練法やカウンセリングを学び、大脳生理学や自身の専門であるフィードバック工学をもとにしたバイオフィードバック工学などを研究した結果、集中力の高さにより能力格差が生まれることを突きとめました。

教員時代、テニス部の監督だった長谷川一彌は、1979年にテニスボールを使って集中状態にする「ボール積み集中法」を開発。生徒の能力開発に大きな成果をあげました。

その後、1987年に㈱シンパシィ・ユニオンを設立。

研究結果をまとめ 独自のメンタルトレーニングのマニュアルを作り上げ、これまでプロ・アマ問わず 多くの選手を指導・育成してきました。人間が勉強・スポーツ・仕事などの活動をするとき、全てが上手く機能するための脳の条件が集中(アルファ波)力です。

集中力を高めてから物事に取り組めば、最も効率よく脳が動いてくれます。これを人間の本質的能力の第一条件といいます。集中力が高まれば、心理的反応 脳の反応 生理的反応 行動までもが良くなることが大脳生理学でも裏づけられています。ですから、集中力を高めてから、知恵や知識をインプットしたり コツの習得に取り組むことで、人間は驚くほど早く上達・成長がのぞめることができるのです。

株式会社シンパシィ・ユニオンでは、指導者・指導的立場の方々に科学的な分析・アプローチで、集中力を高め ビジネス・スポーツ・学習・子育ての「知恵とコツ」をお伝えすることで、その方々が指導・指揮する選手・子ども・部下・チーム・組織の実力が最大限発揮できるよう能力開発ソフトの販売、講演活動、講習会・研修会の開催などを通じてサポートをしています。