事例

2014年アジア大会 女子競歩日本代表 井上麗選手

中学校まではソフトテニスの選手だった井上麗選手。 高校から陸上を初めた彼女が日本代表選手になるなんて、誰が想像しただろうか。 中学時代に熱心に誘いを受けた高橋秀興監督か指導する市立尼崎高校陸上部に入部した彼女は、在学中に […]

続きを読む

Jリーガーの奥田裕貴選手

「夢を目標に変えて、実現させる」 そんなストーリーを辿ってきた選手がいます。Jリーガーの奥田裕貴選手です。プロ選手と聞くともともとずば抜けた能力を持っていそうですが、彼はそうではありませんでした。中学生の頃までに肋骨以外 […]

続きを読む

150㎞/h右腕のプロデュース

2015年10月中旬に、アドバイザーの川谷潤太先生が務める岡山県創志学園高校の野球部からプロも注目する150㎞/h右腕の高田投手がよりレベルを高めるためのヒューマンプロデュースを受けに来てくれました。 ヒューマンプロデュ […]

続きを読む

◆市立尼崎高校野球部

 市立尼崎高校野球部の竹本監督との出会いは、武庫工業高校のスクールカウンセラーを務めていたときでした。 「いつか僕が監督になったら、ぜひ手伝ってください。」 その言葉通り、その後、市立尼崎高校に異動された監督になった竹本 […]

続きを読む

●富士ゼロックス研修センター

長谷川先生は、大阪市立都島工業高校テニス部顧問からスタートしたテニスの研究から始まって、人間の能力を体系化してきました。それを各種スポーツに活用して各競技のトップアスリートを育成することができる様になりました。また、会社 […]

続きを読む

市立尼崎高等学校ソフトテニス部

長谷川先生は、兵庫のじぎく国体スペシャルアドバイザー(国体優勝)、松下電器(現パナソニック)野球部アドバイザー(全日本選手権優勝)などチームビルドに関わったところは必ずと言っていいほど結果を出しています。国体では、200 […]

続きを読む

【陸上選手 ヒューマンプロデュース】

近畿大学陸上部の選手が監督と共にヒューマンプロデュースに来られました。 『ヒューマンプロデュース』というのは、脳波や体組成など各種測定データをもとに、クライアントの願望目標達成を逆算管理したマップ(道筋)・計画をヒューマ […]

続きを読む