Jリーガーの奥田裕貴選手

「夢を目標に変えて、実現させる」

そんなストーリーを辿ってきた選手がいます。Jリーガーの奥田裕貴選手です。プロ選手と聞くともともとずば抜けた能力を持っていそうですが、彼はそうではありませんでした。中学生の頃までに肋骨以外全ての箇所を骨折したことがあるくらい身体が弱い選手で、足の速さもチームで一番遅く、もちろんながら体力・技術力も低かったため、高校では3軍からのスタートでした。
そんな彼が「プロを目指したい!」と長谷川先生のヒューマンプロデュースを受けたいと希望してきたのが高校二年生の春。長谷川先生は「君の特性は、知性。知性を上げていけばプロになれる!」と、プロデュース。与えられた課題を理解して黙々とトレーニングを積み重ねていった彼は、その冬には持久走でクラブトップになり、2軍戦で活躍するようになっていました。3年生ではついに1軍に上り詰め、全国大会にも出場しました。それだけサッカーに打ち込んでいても、長谷川先生のアドバイスどおり知性を高めることに集中していたので勉強面では常に首席。これが彼のサッカー人生に大きく効いてきました。
大学進学は、「サッカーで一番強いチームに入る」とのことで、学業成績の推薦で前年度インカレ準優勝校でたくさんのプロ選手を輩出している明治大学に入りました。しかし、世代間日本代表や地区代表ばかりが集まる名門体育会サッカー部は、通常であればスポーツ推薦組しか入部できない仕組みになっていました。一応練習生から正式な部員にもなれるのですが、そこに入るのは監督に認められたわずかな人間だけでした。必死の取り組みで狭い関門を突破して入部した彼は、チームで1番と言われた豊富な運動量と左右の足から精密なキックを繰り出すサイドバックとして活躍。同じく練習生から入部して今や不動の日本代表となった長友選手にちなんで「長友二世」とも言われたほどの活躍をみせて、トップチームに昇格。
大学卒業後もJFLのトップチームから来たオファーを断り、元U20日本代表チームの監督の西村昭宏監督に請われてカテゴリの最下層にある地域リーグの高知ユナイテッド(当時のアイゴッソ高知)入りを決めました。「トップに行くには、学ばないといけないことがあるから」と長谷川先生に言われ、厳しい環境のなかみっちり二年間プレーをしているうちに、J1やJ2のチームから練習参加の声がかかるようになり、2017年春よりJ3のY.S.C.C横浜に入団。念願のJリーガーとなりました。
今後の目標は、ステップアップして、最終的にはヨーロッパのクラブで活躍すること。長谷川先生の指導を頑なに守りトレーニングに励む彼の今後に期待が膨らみます。

コメントを残す

*